FC2ブログ

太郎と花子の思い出 (2)

先日に引き続き、立山でのライチョウの写真です...
この日はお天気も良く、暑かったのでダウンジャケットを脱いでの撮影でした。(^~^)

ライチョウ (キジ目キジ科) Roc Ptarmigan
Rema.jpg
Remb.jpg
Remc.jpg
Remd.jpg
Reme.jpg
Remg.jpg
Remh.jpg
Remf.jpg
Remi.jpg
Remj.jpg
はい、ポーズ!

以下の写真は「みくりが池」の西側にいた別個体です
Remk.jpg
この雄には足環が付いていません
Reml.jpg
Remm.jpg
Remn.jpg
Remo.jpg

5月16日撮影
Nikon D850
AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR 三脚使用
マニュアル(Mモード)

21:10 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

太郎と花子の思い出 (1)

関西でも、やっと梅雨が明けたようですが、夏らしい入道雲や、スカッとした青空がみられるのは、もう少し先のようです。
今日は5月中旬に行った立山での、撮りっぱなしで溜まっていたライチョウ(太郎・花子)の画像を整理・現像してみました。(´ー`)

ライチョウ (キジ目キジ科) Roc Ptarmigan
Rem01.jpg
Rem02.jpg
Rem04.jpg
Rem03.jpg
Rem05.jpg
Rem06.jpg
Rem07.jpg
Rem08.jpg
Rem09.jpg
Rem10.jpgRem11.jpg
Rem12.jpg
遠くで聴こえる雄の声に反応しています
Rem13.jpg
カメラマンに囲まれて怒っています (*´∀`) ノートリミング画像

地獄谷夕景
Rem14.jpg
Rem15.jpg この日は山の稜線近くに雲が多く、サンセットは見られませんでした...

5月15日撮影
Nikon D850
ライチョウ→ AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR 三脚使用
風景→    AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 手持ち撮影
マニュアル(Mモード)
 
19:13 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

糖質制限(ケトジェネック)と筋トレ

今年の春、Ⅱ型糖尿病の症状が出て以来、この3か月半、糖質制限を継続しています... ただⅡ型糖尿病は糖を断てば1ヶ月で完治することを知っていたので、医者には一切かかっていません。
糖尿病や癌治療は医療利権の温床なので、何の知識もなく医者にかかると、薬漬けにされて一生涯、病と付き合わされることになります。(^~^)
断糖生活を1ヶ月続け、とりあえず総合病院で健康診断を受けましたが、予想通り「HbA1c=5.7」、「血糖値=98」と糖尿病は完治、肝機能も正常で、以前150を超えていた血圧も常時110程度と驚異的に下がりました。(`・ω・´)
元来メタボではない陰陽師ですが最初の1ヶ月で、体重は82Kg→70Kgと12Kg減、3ヶ月半経って最大で15kg減(67Kg)、現在の体重は68~69Kgと、20代前半時の体重で推移しています。
「糖質制限」を続けながら、基礎代謝を上げるべく筋肉量を減らさないように、毎日、筋肉痛が出る程度のダンベルによる「筋トレ」をしています。 (*´∀`)
体重減はすべて脂肪減少によるもので、体にまとっていた余分な重りがなくなって、体がとても軽くなり、動きやすくなりました。(`・ω・´)
糖質制限(ケトジェネック)では、炭水化物を断つことにより脂質を肝臓内部でケトン体に変換して体の栄養源とする代謝が起こります。
ご飯、パン、麺類、その他穀物、野菜のうち根菜、果物(アボガド・レモンを除く)などはすべて制限対象ですが、肉類・魚介類・卵・チーズ・大豆などの加工食品はいくら食べても良く、カロリー制限はありません。
糖質を肝臓でブドウ糖に変えて栄養源とする糖代謝から、ケトン体を栄養源とする脂肪代謝にスイッチを切り替えるために、MCTオイル(ココナツオイルやパーム油)を呼び水として一定期間摂取します。

糖質制限の詳細を知りたい方は、YouTubeやニコニコ動画で、「江部康二」「宗田哲男」「夏井睦」「西脇俊二」などの糖質制限を推奨する医師を検索してみてください。
YouTubeのこのサイト→ https://www.youtube.com/watch?v=ESUjFyOiZWo&list=PLn7f7SGSypl6eukMpvEEkoaHNqXO2760i が、解り易いかも知れません。

Kintore0a.jpg
糖質制限のきっかけになった書籍 ↑
Kintore0b.jpg
食品の糖質量 確認用 ↑
Kintore02.jpg
みんな大好きアイロテックのマルチポジションベンチ ↑  (*´∀`)
Kintore01.jpg
30 KGx2 と 20KG x2のダンベルと EZバー (Wバー) を導入 ↑ ↓
Kintore03.jpg
アームカール用のアタッチメント装着 ↑
Kintore04.jpg
アブローラー (腹筋ローラー) ↑
Nikon D850
AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED
マニュアル(Mモード)  手持ち撮影

11:13 | 健康 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

イヌワシと鹿

夕方近く、イヌワシが鹿を掴んで谷底の繁みに入ったとの情報があり、待機していました。(´ー`)
日没までに出てくることを願って、待つことおよそ1時間、17:21 にやっと鹿を掴んで谷底から出てきました。ヽ(*´∀`)ノ
鹿は小鹿ではなく、恐らく若い雌鹿と思われます... 谷底で鹿を食べていたようで、一番美味しい内蔵部分がほとんど食い尽くされています。( ゚Д゚)
その後イヌワシは西側の稜線を廻って行ったので、多分、獲物を巣に運んだものと思われます。(`・ω・´)
夕方の時間帯で光が弱かったので、鹿絡みの写真はテレコンを外して800mm で、その他の写真はは1,000mm で撮影しています。

イヌワシ (タカ目タカ科)  Golden Eagle
inusika01.jpg
inusika02.jpg
inusika03.jpg
鹿の頭を掴んで飛んでいます
inusika04.jpg
inusika05.jpg
inusika06.jpg
この後、西の稜線のむこうに...
inusika0a.jpg
inusika0b.jpg
inusika0c.jpg
北尾根の、いつもの枝に2羽並んでとまっています 距離はおよそ 2 Km (*´∀`)
inusika0d.jpg
inusika0e.jpg
inusika0f.jpg

Nikon D850
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED
マニュアル(Mモード) 三脚使用

09:30 | 野鳥 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新緑のイヌワシ

新緑の狗鷲山ですが、日差しが強く、ダウンジャケットを用意していたのに、一度も着用する機会がありませんでした。(´ー`)
この日は午前中、イヌ様は全く出現せず悶々としていましたが、お昼を少し過ぎた頃、突然谷底から目の前近くまで舞い上がり、興奮の一瞬でした。ヽ(*´∀`)ノ
ブログではアップロード画像のサイズの制限で、イヌワシの実際の迫力は表現できませんが、雰囲気だけでも感じられれば幸いです。(^~^)

イヌワシ 雄 (タカ目タカ科)  Golden Eagle
6gatuInu01.jpg↑ ノートリミング 
6gatuInu02.jpg ↑ 30% トリミング
6gatuInu03.jpg ↑ 70% トリミング 
6gatuInu04.jpg ↑ ノートリミング 
6gatuInu05.jpg ↑ 30% トリミング 
6gatuInu06.jpg 以下、30% トリミング 
6gatuInu07.jpg6gatuInu08.jpg6gatuInu09.jpg
6gatuInu10.jpg
6gatuInu11.jpg 
Nikon D850
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED
マニュアル(Mモード) 三脚使用

15:29 | 野鳥 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑