マウント部の揺れ止め

LH400_01.jpg 
カメラとレンズの接合部(マウント)には若干の遊びがありますが、超望遠のレンズでは、この遊びが原因の、シャッターを切った時の揺れが問題となります。(`・ω・´)
テレコン装着時には、マウント部が2倍になって遊びも大きく、望遠の倍率も増すことからシャッター時の揺れが増幅されることになって、特に低速シャッターではこの問題が顕著です。
国民感情的にMade in china は本来 嫌いなのですが、ネットで「BENRO LH400」の平行輸入品が安く(10,800円)流通していたので、この揺れ止めを目的に、ザハト8型・タッチアンドゴーの雲台に乗せてみました... (^~^)

[ BENRO LH400の欠点 ]
テレコンの取り付けや取り外しの際、レンズとカメラを一旦、雲台から外し、ネジをセットし直す必要があり、実際の撮影時にフィールドでこれを行うのは現実的ではありません。(*`Д´)
陰陽師は600mm レンズの3脚座をローダウンしているため、カメラ縦位置の撮影はおろか、カメラの脱着さえそのままの状態ではできない。(*´∀`)

[ 対処方法 ]
普段、カメラ縦位置の撮影は、ほとんど行わないし、1.4倍のテレコン装着がほぼ100%なので、フィールドでのカメラ・テレコンの脱着は諦めて、嵌め殺しとする。(*´∀`)
さすがはMade in china クォリティー 、やはり期待を裏切りませんね!(ノ∀`*)

ajuster.jpg

本来は、LH400のレールの下側に納まる、このプレートを介してレンズの3脚座に、付属のネジで固定し、さらにザハトのプレート側から上図両端のネジ穴にとめる仕様になっています
ただし、残念ながら3脚座のネジ穴の位置と上図のプレートの穴が合わないため、この部品は使用しないことにし、変則的な取り付けを行いました (*´∀`)

neji01.jpg

上のネジが付属していますが、このネジはネジ部分の長さが短く、長く使っていると緩んできて、過去にカメラとレンズが雲台から脱落しそうになった怖い経験があるので使用しません (´ー`)

neji02.jpg

ステンのインチネジ (ボタン頭6角穴) 径 1/4 インチ 20 ヤマ 長さ 1.5 インチ を2本使って3脚座とザハトのプレートの間に LH400 を挟みザハトのプレート側から3脚座のネジ穴に直付け

neji03.jpg

補助的に、ステン ボタン頭ネジ 5mm 径 40mm 長 のネジ部を 5mm カットしたものを1本使用

LH400_02.jpg

ザハトのプレート裏側から見た各ネジ位置

benro023.jpg

BENRO LH400 の取り扱い説明書

03:10 | 機材その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ちょっと気になる Goods

猛暑続きで、このところ野鳥撮影に出かける気力消失中の陰陽師ですが、暑さ対策に日傘を導入しました。(*´∀`)
定位置で観察することの多い、タカやシギ・チの撮影では、日陰が無いことがほとんどで、ちょっと大きめの日傘を探していたのですが、ゴルフ傘を代用することにしました。(´ー`)
ネットで色々検索した結果、ここが最も安かったので購入を決めました。↓ (^~^)
http://item.rakuten.co.jp/golfone/10021668?s-id=top_normal_browsehist&xuseflg_ichiba01=10021668

[ Nike ゴルフ用 日傘 ]
2枚生地のウィンドシェル(風抜き)機能を備えた大型アンブレラ ( ワンタッチオープン式 )
カラー : グリーン (カモフラージュ柄)
生地  : ポリエステル
サイズ : 長さ 107cm   オープン時直径  148cm
重量  : 920g

higasa01.jpg
higasa02.jpg
higasa03.jpg
higasa04.jpg 

19:18 | 機材その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Nikon D5 高感度撮影の検証

「常用 iso 102,400」とされている、Nikon D5 の高感度撮影ですが、野鳥撮影でどれ位使い物になるのか、相当な悪条件のもとで諧調やノイズの程度を検証してみました。
写真は iso 感度 以外は撮影条件を統一し、Raw 撮影で、現像も無加工での Jpeg 変換です。

この日の撮影は、夕方の繁みの影で、iso 1,000 の時 ss = 1 /13~16 と、最低でも iso 感度を 3,000 位まで上げないとミラーショックや被写体ブレで絵になりませんでした。(´・ω・`)
Nikon の謳い文句の「常用 iso 102,400」は、ノートリミングの条件に限れば、報道写真程度には使えるかも知れませんが、絵画的な野鳥写真には到底向きません。┐(´~`;)┌
野鳥写真には、現像時にノイズリダクションで輝度を若干増し、低トリミングが条件なら、iso 4,000~5,000が限度、ノートリで iso 10,000 がいいとこではないでしょうか?(`・ω・´)
iso 感度が倍になれば、ss もほぼ倍になることから(ただし ss = 1/ 8,000 を超えることはない)、iso 1,000 で ss = 1 / 100 であれば、iso 10,000 で ss = 1 / 1,000 となるので、ノートリ条件なら飛び物も可能、流し撮りの腕があれば、さらに低い iso 感度での撮影もできますね。(*´∀`)

撮影条件 :  焦点距離 840mm    絞り開放 ( f 5.6 )    露出補正 - 0.3    中央部重点測光    WB Auto    AF-S ( ピンは目に合わせている )    三脚使用

[ iso 10,000 ]   ss = 1 / 160
iso10,000_1
ノートリミング ↑
iso10,000_2
50% トリミング ↑
iso10,000_3
等倍トリミング ↑
[ iso 20,000 ]    ss = 1 / 250
iso20,000_1
ノートリミング ↑
iso20,000_2
50% トリミング ↑
iso20,000_3jpg
等倍トリミング ↑
[ iso 40,000 ]    ss = 1 / 500
iso40,000_1
ノートリミング ↑
iso40,000_2
50% トリミング ↑
iso40,000_3
等倍トリミング ↑
[ iso 82,000 ]    ss = 1 / 1,000
iso81,200_1
ノートリミング ↑
iso81,200_2
50% トリミング ↑
iso81,200_3
等倍トリミング ↑
[ iso 102,400 ]    ss = 1 / 1,250
iso102,400_1
ノートリミング ↑
iso102,400_2
50% トリミング ↑
iso102,400_3
等倍トリミング ↑
Nikon D5
Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
Nikon TC14E Ⅲ
絞り優先 三脚使用
23:50 | 機材その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新兵器導入

先日(3/27)オーダーしておいたNikon D5 が入荷したとの電話連絡が入り、今日は早速受け取りに行ってきました。(^~^)
たくさんの注文をかかえており、納期未定と云われていましたが、あまりにも早い商品の到着に驚いています... 価格.com で調べても在庫有りとなっている店舗は少なく、恐らくは予約のキャンセル品ではないかと想像しています。(*´∀`)
最新鋭機種を導入しても、決して写真の腕が上がるわけではありませんが、常用 iso 102,400 と高感度特性が進化し、今まで光量不足で諦めていた飛び物が狙えることには大いに期待し、喜んでいるところです。(`・ω・´)
加えてAF性能の大幅改善が謳われていますが、こちらの方はあまり期待せず、生暖かく検証して行きたいと思っています。(ノ∀`*)

新兵器 Nikon D5 (XQD-Type)
NikonD5.jpg 
Nikon D700
AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED
絞り優先 三脚使用
20:42 | 機材その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

自分へのお年玉

誰もお年玉をくれる人がいないので、自分へのお年玉をネットで発注、翌日に到着しました。(*´∀`)
ダウンジャケットは3着持っているのですが、寒風吹きすさむ厳寒のフィールドでは少々心もとなく、アラスカや北欧でも大丈夫という謳い文句にのせられて買ってしまいました。(ノ∀`*)
THE NORTH FACE のダウンパーカはアメリカブランドですが、原産国はベトナムです... ベトナムは親日ですし、もし反日の中国製だったら陰陽師は購入していないでしょう。o(`ω´*)o
サイズは日本サイズと同程度、陰陽師ならXLでジャストフィットです。(´ー`)

THE NORTH FACE  ダウンパーカ  ( Novelty McMurdo Parka ND91525 )NorthFaceDjacket.jpg 

23:49 | 機材その他 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑