FC2ブログ

カー インバーター

数十年に1度といわれる大雨で、大規模災害が懸念されるこの頃ですが、交通機関の1部ストップや道路の通行規制も... 2~3日は撮影に出れそうもないので、今日は機材ネタです。(´ー`)
遠征などで、長時間車で移動中に、カメラの電池を充電するための機材を探していたのですが、適当な製品を見つけ、今回導入したので紹介させて頂きます。(`・ω・´)
最近の車は、スマホなどを充電するためのUSBポートは付いていますが、電気自動車でない限りAC100Vのコンセントは設置されていないようです。(´~`;)
下の写真の製品は、車のシガーソケットのDC12Aの直流を、AC100V(300W)の交流電力に変換するインバーターで、2口のコンセントと2つのUSBポートを有します。
アルミ素材と放熱性に優れた形状で、冷却ファンやヒューズが内蔵されていて、LEDのパイロットランプで稼働が確認できます。
車で本格的な家電を使用するためには、ポータブル電源が必須ですが、カメラの電池や携帯電話の充電くらいならこのインバーターで十分でしょう。(^~^)
製品は横浜の株式会社ベステックグループの中国工場で製造されているようで、コムテックやセルスターなどの国内企業にもOEM供給しているようです。
製品は現在、「楽天」や「Amazon」のサイトなどから、2,680円(税込・送料込)で購入できます。

Bestek 300W カー インバーター
inverter01.jpg
inverter02.jpg

09:01 | 機材その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最近の大人買い

以前から気になっていた、猛禽師垂涎の Nikon 800mm F5.6 ですが、カード決済10% OFF セールの機会があり、導入に踏み切りました... (`・ω・´)
メーカーの策略にのり、レンズ沼にどっぷりと嵌ってしまったようです。(*´∀`)
受注生産、約1ヶ月納期と聞いていましたが、オーダーから3日目で入荷の連絡があり、受け取りに行ってきました。(´ー`)
迷彩のレンズカバーも発注していますが並行輸入品のため納期が今少しかかるようです。┐(´д`)┌
野鳥撮影のフィールドでは、従来からCanonレンズが主流で、Nikon派にとって肩身の狭い状況が長らく続いていましたが、最近では製品開発の優位性からか、Nikon へのシフト現象も見られ、大いに心強い限りです。(^~^)
D850とハチゴローの組み合わせで、どんな猛禽の画像が撮れるのか、今からとても楽しみです。(`・ω・´)

AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
Otona01.jpg
Otona02.jpg
Otona03.jpg800mm F5.6 のレンズごと、個別に調整されている付属の800mm専用 1.25 倍テレコン
Otona04.jpg Nikon 望遠レンズ お馴染みのトランクケースですが、 600mm / F4 と全く同じサイズでした

AVIREX 米空軍フライトジャケット
Otona05.jpg同じ製品をサイズ違いで購入 (XL・XXL)
Otona6.jpg
スタジャンのような刺繡に惚れ、春夏用・秋冬用 (インナーで着ぶくれる為1SizeUp) にと、2着も購入してしまいました (*´∀`)

Nikon D5
AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED
マニュアル(Mモード) 手持ち撮影

21:13 | 機材その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Raw 画像現像用 PC導入

Nikon D850 をメイン機にして以来、画素数が肥大化して画像処理にストレスを感じるようになり、今回 Raw 画像現像用に、Windows PC を新規導入しました。(`・ω・´)
PCのメーカーは、カスタマイズが比較的自由な「マウスコンピューター」を選定しました。( ゚~゚ )
今の時代、多くのメーカーが中国の下請け工場でPCを生産しており、メーカーというより、部品を集積して組み立てるだけのアッセンブラーといった方が良いのかも知れません。┐(´д`)┌
そういう意味では、日本国内で部品組み立てを行っている「マウスコンピューター」も選択技の一つかなと思った次第です。(*´∀`)
CPUファンを水冷式に変更、電源ユニットは余裕をもたせるため、500Wから700Wにしています。 また、グラフィックボードを入れたことにより描画は爆速となりました。ヽ(*´∀`)ノ
一応CPU は Core i9 も検討してみたのですが、まだまだ扱いメーカーも少なく、Core i9 は今のところゲームマシーンとしての位置付けがメインのようです。(´~`;)
おもなマシーンスペックは以下の通り、費用総額は30万円と少しでした。

OS : Windows 10 Pro 64 Bit
CPU : Core i7 8700K ( 6コア・12スレッド・ 3.70GHz )
メモリー : 32GB
SSD : 1TB
HDD : 3TB
USB : 3.0 ( 6ポート ) ・ 3.1 ( 2ポート )
グラフィックボード : NVIA Qadro P2000 / 5GB ( ディスプレイポート x 4 )

Raw 画像現像用 PC 「マウスコンピューター」
DSC_2463_00001.jpgタワー型マシーンなので、でっかいです... スケール感を出すため横に缶ビールを置いてみました 
DSC_2461_00001.jpg デュアルモニターでの運用です... 左側にも、もう1台PCとディスプレイがあります (*´∀`)
Nikon D5
AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED
絞り優先 手持ち撮影
20:01 | 機材その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

望遠レンズサポート・ロングプレート

雨降りが長らく続いたので、今日はカメラ機材ネタです... (´ー`)
シャッターを切った時の、レンズとカメラ接合部のマウントの揺れ止めに、従来、BENRO レンズブラケットLH4000を装着していました。
しかし陰陽師は、三脚座をローダウンしているため、フィールドでのテレコンの脱着が事実上できないという難があり、代替品を探していましたが、先日ネットで見つけたので取り寄せて装着してみました。(^~^)
この製品は、ビデオ雲台 ザハト タッチ&ゴー用の専用プレート(付属)を4点ネジ止めするようになっており、装着は非常に簡単です。
カメラとの接合部のネジは取っ手付きで、フィールドで工具無しにテレコンの脱着ができ、カメラの縦位置での撮影も可能、外観はとてもシンプルです。
ザハト タッチ&ゴー雲台を使っておられる方には、一つの選択技ではないかと思います。(`・ω・´)
ちなみに、アマゾンで7,610円(消費税込み)、送料無料でした。

XILETU SVQ-380
XILETU01.jpg ↑  テレコン有り
XILETU02.jpg ↑  テレコン無し
XILETU03.jpg ↑  カメラ縦位置での撮影
XILETU04.jpg ↑  裏面
XILETU05.jpg 

Nikon D700
AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED
絞り優先 手持ち撮影
08:51 | 機材その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

遠征用に...

遠征や、ちょっとした外出用に、ライゼンタール(ドイツ製) のボストン&ショルダーバッグ をネットで買い求めました。 (´ー`)
造りがしっかりしていて、価格もなかなかリーズナブルで、使い勝手も良く、結構気に入っているので紹介させて頂きます。
当初、Lサイズのみ買い求めたのですが、Mサイズも欲しくなり、追加で発注しました... 2つ合わせても1万円と少しです。 (^~^)
ジッパーの付いている出し入れ部分は、ワイヤーが入っていて、へたりも無く型崩れしませんし、周囲はクッション材で覆われているので、ちょっとした撮影機材をいれても安心です。
また内部にはポケットが6箇所あって、携帯や電池の充電器、洗面用具やドライヤー、医薬品などの収納にも便利です。
カモフラージュ柄だけでなく、さまざまな色柄があって好みのものを選択できます。

Reisenthel ボストン & ショルダーバッグ カモフラージュ柄
boston01.jpg
L サイズ W 48cm x H 39.5cm x D 29cm
M サイズ W 40cm x H 33.5cm x D 24cm
boston02.jpg
内側ポケット6カ所 外側ポケット1カ所
23:48 | 機材その他 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑