紅葉のオシドリ

イヌワシに逢いに行きたいのですが、狗鷲山は悪天候が続いていて、ストレスが溜まります... o(`ω´*)o
やむをえず、今日は自宅から車で8分ほどの近場で「紅葉のオシドリ」としゃれ込んで、 Nikon D850 の解像度および、そのカラー表現を試してみました。
D850 は、やはり最初の印象通り、低感度では素晴らしい画像を出力してくれるのですが撮影条件によって、ある一定の iso 値を越えるとノイズが醜いですね。(;´Д`)
オシドリのように警戒心が強く、暗い場所にいるようなターゲットは、絞りを開け ss を落としてでも、iso 値を下げる方が画像として良い結果が得られるように思います。(`・ω・´)

オシドリ (カモ目カモ科)  Mandarin Duck
kouyouosidori00.jpg
絞り開放 = f 5.6  ss 1 / 320  iso Auto = 450  露出補正 - 1.0  ↑
kouyouosidori01.jpg
絞り開放 = f 5.6  ss 1 / 320  iso Auto = 220  露出補正 - 1.0  ↑
kouyouosidori02.jpg
絞り開放 = f 5.6  ss 1 / 320  iso Auto = 220  露出補正 - 1.0  ↑
kouyouosidori03.jpg
絞り開放 = f 5.6  ss 1 / 250  iso Auto = 800  露出補正 - 0.7  ↑
kouyouosidori04.jpg
絞り開放 = f 5.6  ss 1 / 250  iso Auto = 640  露出補正 - 1.0  ↑
kouyouosidori05.jpg
絞り = f 6.3  ss 1 / 400  iso Auto = 1,600  露出補正 - 0.7  ↑  ノイズが... (つд`)
kouyouosidori06.jpg
絞り開放 = f 5.6  ss 1 / 250  iso Auto = 800  露出補正 - 0.7 Af C 中央1点  ↑
kouyouosidori07.jpg
上の画像をノートリから 50% トリミング ↑  なんとか ss = 1 / 250 で止まってくれました (^~^)

Nikon D850
Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
Nikon TC14E Ⅲ
マニュアル(Mモード) 三脚使用
23:24 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Nikon D850 フィールドテスト

9月8日の発売日 に発注しておいた、Nikon D850とバッテリーグリップが入荷したとの連絡が11月3日にあり、取に行ってきました... およそ2ヶ月待ちでした。(´~`;)
早速、フィールドテストにとイヌワシ狙いで出掛けましたが、この日 ( 11/4 ) のイヌワシは残念ながら、少々距離が遠かったです。(つд`)
D850 の第1印象は、パシャ・パシャというチープなシャッター音と、裏面照射型センサーによりD810より改善されているという高感度耐性が、それほどでもなくて、がっかりしたことです。
被写体との距離や光線など撮影条件にもよると思いますが、 iso 600 を超えたあたりからノイズが出始め、iso 1,000 を超えるような場面では使用を躊躇します。(`・ω・´)
しかし低感度では、同じセンサーサイズでありながら4,575万画素と、D5の2倍以上の情報量の差で、立体感のある素晴らしい画像を出力してくれます。(^~^)
要は万能なカメラは無く、撮影現場ごとの条件により、D5 か D850 なのかカメラの選定が求められる... ということでしょうか。(´ー`)
今回は、絞り f 8.0  ss 2,000 と、かなり厳しい条件下で試していますが、イヌワシの動きは、もっと遅いシャッタースピードでも止まるし、絞りも開放から1絞りの f 6.3 位が現実的と思われるので今後、各種条件を変更し色々と試してみたいと思います。

[ 撮影条件 ]
  焦点距離 840mm  絞り  f 8.0   ss  2,000    iso Auto     露出補正 - 0.3     AF-C Group   中央部重点測光    WB Auto  マニュアル(Mモード) 三脚使用

イヌワシ (タカ目タカ科) Golden Eagle
Ftest03.jpg
ノートリミング画像 ↑ iso 900
Ftest04.jpg
上の画像の80%トリミング... 等倍トリミングだと、背景に ややノイズが出ます

Ftest05.jpg
ノートリミング画像 ↑  iso 900
Ftest06.jpg
上の画像の80%トリミング

Ftest07.jpg
ノートリミング画像 ↑  iso 3,200
Ftest08.jpg
上の画像の80%トリミング... iso 3,200 では、全体にかなりノイズが目立ちます  ↑

Ftest08a.jpg
40% トリミング、ここらが限界でしょうか

Ftest09.jpg
ノートリミング画像 ↑  iso 4,000
Ftest10.jpgiso 4,000 では、25% トリミング がノイズ回避の限界です

Ftest01_2017111017033935a.jpg
距離およそ600m、ノートリミング画像 ↑  iso 720
Ftest02_2017111017034173d.jpg
上の画像の80%トリミング... 距離に比して解像が素晴らしいですね

Ftest.jpg バッテリーグリップ MB-D18で、D5やD4の電池を使用するには BL-5 (バッテリー室カバー)が必要です

Nikon D850
Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
Nikon TC14E Ⅲ
16:44 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鷹の渡り最終章

鷹の渡りも終盤から、そろそろ最終章を迎えようとしています。(`・ω・´)
この日( 11/1 )はお天気も良く、ハイタカはそこそこ飛びましたが、ツミの数は少なく、全般に距離が遠くて、ちょっとストレスを感じた一日でした。┐(´д`)┌
写真は比較的近くを飛んだものを選んでアップしています。(*´∀`)

ハイタカ (タカ目タカ科) Eurasian Sparrowhawk
saisyuu01.jpg
saisyuu02.jpg
saisyuu03.jpg
幼鳥が多い中、珍しく雄の成鳥です ↑ ↓
saisyuu04.jpg
saisyuu05.jpg
saisyuu06.jpg
saisyuu07.jpg
saisyuu08.jpg
朝日の中で一番に飛んだハイタカ ( AM 7 : 08 )

ツミ (タカ目タカ科) Japanese Sparrowhawk
saisyuu10.jpg
saisyuu11.jpg
saisyuu09.jpg

ノスリ (タカ目タカ科)  Common Buzzard
saisyuu12.jpg
悠々と海上を飛ぶノスリ、何か持っていると思ったら...
saisyuu13.jpg
獲物はカマキリでした ↓  (*´∀`)
kamakiri_201711040324536fc.jpg

Nikon D5
Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
Nikon TC14E Ⅲ
マニュアル(Mモード) 三脚使用
03:02 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鷹の渡り終盤

鷹の渡りも終盤となりつつあり、小鷹を期待したのですが、この日のメインはノスリで、20~30羽の鷹柱が3度程できて100羽以上が四国方面に渡って行きました。( ゚Д゚)
他のタカ類は、ハイタカ 3 ・ツミ 2 ・ハチクマ 1 ・サシバ 3 、ほかに居付きのオオタカの成鳥と幼鳥、ミサゴくらいで、ノスリ以外は全体に数が少なく距離も遠かったです。┐(´~`;)┌
これから11月の初旬にかけては、お天気さえ良ければハイタカやツミの数も増えて真近で撮影できるチャンスも、ぐっと多くなるものと期待しています。o(`ω´ )o

ハイタカ (タカ目タカ科) Eurasian Sparrowhawk
syuuban01_201710300137052da.jpg
syuuban02_20171030013709356.jpg

ツミ (タカ目タカ科) Japanese Sparrowhawk
syuuban03_201710300137097ac.jpg
syuuban04_20171030013711f23.jpg
syuuban05_201710300137115ba.jpg

サシバ (タカ目タカ科)  Grey_faced Buzzard
syuuban06_20171030013713791.jpg
syuuban07.jpg
syuuban08.jpg
syuuban09.jpg

ノスリ (タカ目タカ科)  Common Buzzard
syuuban10.jpg
syuuban11.jpg

オオタカ  (タカ目タカ科)  Northern Goshawk
syuuban12.jpg
syuuban13.jpg
syuuban14.jpg

そうりゅう型潜水艦
syuuban15.jpg 船番は消されていますが、来年3月に横須賀基地 配属の、そうりゅう型の9番艦「せいりゅう」と思われます...

Nikon D5
Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
Nikon TC14E Ⅲ
マニュアル(Mモード) 三脚使用
02:16 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

林床のノゴマ

台風21号の影響で、お山に通じる府道が土砂崩れのため通行止め... 死傷者の出た痛ましい災害でした。・゚・(ノД`)・゚・。。
いつものルートは通行止めでお山には登れないため、今日は近所の公園へ行ってみました。
この公園では毎年ノゴマが入りますが、通常秋の渡りは2日程で抜けるようなのですが、写真の個体は今日で丁度2週間の滞在になるそうです。(^~^)
公園のノゴマと云っても、餌付け無し、天然自然の個体です。(`・ω・´)

ノゴマ 雄 (スズメ目ヒタキ科) Siberian Ruby_throat
Nog01.jpg
咥えた枝先(向かって左端)に小さな蜘蛛がいますね
Nog02.jpg
Nog03.jpg
Nog04.jpg
Nog05.jpg
Nog06.jpg
Nog07.jpg
Nog08.jpg
Nog09.jpg
Nog10.jpg
Nog11.jpg
Nog12.jpg
Nog13.jpg
Nog14.jpg
Nog15.jpg
Nog16.jpg
Nog17.jpg
Nog18.jpg
Nog19.jpg
Nog20.jpg

Nikon D5
Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
Nikon TC14E Ⅲ
マニュアル(Mモード) 三脚使用
22:44 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑