立山 室堂の野鳥 (1)

避暑を兼ね2泊3日で、野鳥撮影と温泉目的で「立山室堂」まで行ってきました。(´ー`)
機材・装備の選定に悩みましたが、レンズ= 300mm f/2.8 ・24-70mm f/2.8、テレコン=1.4倍・2倍、カメラ= Nikon D850、三脚=ジッツオ3型、雲台=ザハト8型に決定。(`・ω・´)
山登りをするわけではありませんが、室堂近辺はそこそこのアップダウンもあり、これが体力的には限界の組み合わせかなとの判断です。(´・ω・`)
実際この周辺は2,450m前後の標高で酸素が薄く、少しの高低差でも、重い機材を担いでの移動には結構息が切れます。┐(´д`)┌
ただ、海外(台湾)からのバーダーで、レンズ600mm/f4・3脚ジッツオ5型・雲台ザハト10型で撮影の強者がいたことには少々、驚かされました。(*´∀`)

イワヒバリ (スズメ目イワヒバリ科) Alpine Accentor
Iwahibari01.jpg
チングルマの花後の実を背景↑と前景↓に...
Iwahibari02.jpg
Iwahibari03.jpg
Iwahibari04.jpg
何か見つけたようです...
Iwahibari05.jpg
虫さんGet ! (*´∀`)
Iwahibari06.jpg
この写真を含め以下5枚、雪渓とイワヒバリ
Iwahibari07.jpg
Iwahibari08.jpg
Iwahibari09.jpg
Iwahibari10.jpg
縦方向ノートリミングです ↑
Iwahibari11.jpg
この写真以降、イワヒバリ幼鳥
Iwahibari12.jpg
Iwahibari13.jpg

カヤクグリ (スズメ目イワヒバリ科) Japanese Accentor
Mkaya01.jpg
Mkaya02.jpg

Nikon D850
Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II + TC-14E III
マニュアル(Mモード) 三脚使用

11:18 | 野鳥 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

超高速系 飛び物

今回の遠征の目的の一つに、Nikon 800mm f5.6 の、「超高速系飛び物」に対する適正テストが含まれておりました。(´ー`)
最初、1.25倍のテレコンを装着して、焦点距離1,000mm(開放値f7.1)で撮影していました...
焦点距離1,000mmでもファインダー内でターゲットを追うのは比較的容易にできるのですが、悲しいかなピン(合焦)のタイミングが一瞬遅れます。o(`ω´*)o
光量不足の時間帯ということもあったかも知れませんが、ストレスを感じた為、速攻でテレコンを外しました。(*´∀`)
やはり、ハリオアマツバメのような「高速系飛び物」には明るいレンズ、開放値f5.6程度が必須のようです。(`・ω・´)

明日から週末まで、再び遠征のため、ブログ更新をお休みします。<(_ _)>

ハリオアマツバメ (アマツバメ目アマツバメ科) White_throated Needletail
856tes0a.jpg
856tes0b.jpg
856tes0c.jpg
856tes0d.jpg
856tes0e.jpg
856tes0f.jpg
856tes0g.jpg
856tes0h.jpg
856tes0i.jpg
856tes0j.jpg
856tes0k.jpg
856tes0l.jpg
856tes0m.jpg
856tes0n.jpg
856tes0o.jpg
856tes0p.jpg
856tes0q.jpg
856tes0r.jpg

Nikon D5
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
マニュアル(Mモード) 三脚使用

22:00 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

避暑遠征

避暑を兼ねて、恒例のハリオアマツバメの撮影に行ってきました。
豪雨後、つい最近までは高速道路も通行止めでしたが、とりあえず一部対向2車線での開通です。(´・ω・`)
ここは車載の高度計では、標高863mの高原で、日陰にさえ入っていれば真昼でも、すこぶる快適です。(*´∀`)
ただハリオアマツバメは、9:00 ~ 15:00 の間、ほとんど飛ばないので、近くの温泉に入って食事と昼寝を堪能しておりました。(ノ∀`*)

ハリオアマツバメ (アマツバメ目アマツバメ科)  White_throated Needletail
856tes01.jpg
856tes02.jpg
856tes03.jpg
856tes04.jpg
856tes05.jpg
856tes06.jpg
856tes07.jpg
856tes08.jpg
856tes09.jpg
856tes10.jpg
856tes11.jpg
856tes12.jpg
朝一番のショット ( AM 05 : 03 ) でしたが光量不足です... ゚(゚´Д`゚)゚
856tes13.jpg
ノートリミング画像、センターのターゲットを追っていましたが、右2羽は等倍でもジャスピンです ↑ (^~^)
856tes14.jpg
綺麗に撮ってね! (*´∀`)

オシドリ (カモ目カモ科)  Mandarin Duck
856tes15.jpg
嘴が赤いので雄エクリプスでしょうか...
856tes16.jpg
近年この池では営巣の記録もあるようです (`・ω・´)

Nikon D5
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
マニュアル(Mモード) 三脚使用

16:01 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

豪雨後のクマタカ

豪雨後のクマタカの飛翔を狙って出かけましたが、相変わらずクマタカの出現率は低いようです。┐(´д`)┌
ちょっと距離は遠かったですが(200~300m)、今回は久々の枝どまりのクマタカを見ることができました。ヽ(*´∀`)ノ

クマタカ (タカ目タカ科) Mountain Hawk Eagle
Gouugo01.jpg
Gouugo02.jpg
何やら吠えています (*´∀`)
Gouugo03.jpg
顔の角度によっては木漏れ日をキャッチアイ... (^~^)
Gouugo04.jpg
枝替わりのチョイ飛び
Gouugo05.jpg
Gouugo06.jpg
Gouugo07.jpg
Gouugo08.jpg
Gouugo09.jpg
Gouugo10.jpg
Gouugo11.jpg
Gouugo12.jpg
クマタカ VS サシバ

Nikon D850
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED
マニュアル(Mモード) 三脚使用

19:40 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏のクマタカ

梅雨前線の停滞やら、台風の発生で、遠征の計画が立てられないでいる陰陽師ですが、一瞬の晴れ間を狙って、夏のクマタカを撮りに行ってきました。(`・ω・´)
2日間粘りましたがチャンスはたった1回、一瞬のみでした... クマタカやイヌワシなどの希少猛禽ではよくあるパターンですね。(*´∀`)
このポイントは午前中の柔らかい光で撮りたいところですが、正午を過ぎると、写真のようにメラメラ・ギラギラの半逆光となります。┐(´~`;)┌

クマタカ (タカ目タカ科) Mountain Hawk Eagle
Natukuma01.jpg
Natukuma02.jpg
Natukuma03.jpg
Natukuma04.jpg
Natukuma05.jpg
Natukuma06.jpg
Natukuma07.jpg
Natukuma08.jpg
Natukuma09.jpg
Natukuma10.jpg
Natukuma11.jpg
Natukuma12.jpg
Natukuma13.jpg

ハチクマ 淡色型 雄成鳥 (タカ目タカ科) Honey Buzzard
Natukuma14.jpg クマタカのテリトリーに侵入したハチクマですが、速攻で追い出されました  (*´∀`)
Natukuma15.jpg

Nikon D850
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED
マニュアル(Mモード) 三脚使用

17:57 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑