チフチャフ図鑑的考察

ウグイス科の鳥は野鳥目録第7版から、ウグイス科・ヨシキリ科・セッカ科・ムシクイ科・ズグロムシクイ科・センニュウ科の6種類に細かく分かれました。
先日観察したチフチャフは、野鳥目録第7版ではムシクイ科に分類されましたが、ムシクイ科の鳥は一般に識別が困難で、鳴き声を聴かないと判別のできないものもあります。(´д`)
そこで今回、今後自身での識別の一助となるように、[ チフチャフの特徴 ] をまとめてみました。(`・ω・´)

体長 10~12cm
雌雄同色
識別の基準となる大きな特徴は、嘴と足の黒い色で、ムシクイ科の中でこれらが共に黒いものは見あたらない
その他、下の写真に記したような特徴がある

チフチャフ (スズメ目ムシクイ科) Chiffchaff
tifu01.jpg
tifu02.jpg   観察例が少ないせいか図鑑には、このような下部雨覆に関する特徴の記述はありません... ( ゚Д゚)
tifu03.jpg
tifu04.jpg
tifu05.jpg
  他のムシクイ類にあるような翼帯は認められない
tifu06.jpg 

Nikon D4
Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
絞り優先 三脚使用
18:40 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
だるま朝日 | top | 行列のできる撮影ポイント(2)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/1126-7fcda028