鳥のいる風景

今日は鳥のいる風景ということで、主に風景の中で鳥さん達を表現してみたいと思います。(´ー`)

写真で鳥さんを表現するにも、色々な手法があるかと思います...
例えば、
1. 鳥類図鑑顔負けの細かな羽毛までも解像したような精緻さで、鳥さんの美しさを求める
2. 表情の愛らしさや迫力、意外性などを追求する
3. 鳥さん同士、または他の生き物との係りを表現する
4. 鳥さんを主体として風景を添える
5. 鳥さんを主体としつつ、風景のなかでそれを表現する(鳥景写真)
6. 鳥さんを風景の添景とする
等々で、表現方法はもっと他にもあることでしょう。

下の写真では、オナガガモ、コガモ、が 5 で、コサギが 4 の表現方法になるのではないでしょうか。

オナガガモ (カモ目カモ科)
tyoukei01.jpg tyoukei02.jpg tyoukei03.jpg  コガモ (カモ目カモ科)
tyoukei04.jpg  コサギ (コウノトリ目サギ科)
hanasagi.jpg
Nikon D300S
シグマ APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
絞り優先 手持ち撮影 大阪南港野鳥園にて
23:32 | 野鳥 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
松尾寺のイケメン | top | ケリ

コメント

#
こんにちは♪
2枚目、3枚目の写真がとても美しいです。
どちらの撮り方も捨てがたいですが、鳥さんの飛んでいる姿はわたしには撮れないので、自分が撮るとしたら、一番下の4の撮り方、コサギのような撮影の仕方です。それも難しいのが事実ですけれど…。
けれども、5のような撮影が出来たら嬉しいですね。いつかこんな写真も撮ってみたいけれどまだまだ先の先の話です。そこまで行き着けないと思います。(^_^;)
by: ひつじ草 | 2011/11/07 16:56 | URL [編集] | page top↑
#
ひつじ草さん、こんばんは。
鳥さんの飛んでいる写真、全然難しくないですよ。(*´∀`)
ただ、カメラのファインダーのセンターで鳥さんを捉えてピントを合わせ、ファインダーのAFエリアを外さないように追随しながら連写するだけです。
木立の中を見え隠れしながら行ったり来たりする、警戒心が強くて、すばっしっこい小鳥さんの写真が最も難しいと思います。┐(´ー`)┌
by: 陰陽師 | 2011/11/07 18:30 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/130-c12ef6b7