松尾寺のイケメン

オシドリのまともな写真が撮れていなかったので、昨日は松尾寺のイケメンを撮りにに行ってきました。
お気に入りのスワロフスキーの双眼鏡で確認してみると、ざっと見ただけでオシドリの個体数は20羽以上に増えているではありませんか !!
この池は何と素晴らしい池でしょう... これからの冬鳥のシーズンに向けて、個体数は一層ふえそうな予感がします。ヽ(*´∀`)ノ
忍者のように殺気を消し、木立の陰に身を潜めて待つことしばし、やっとの思いで撮ったのが下の写真です。
距離にして目測で、およそ30~40m程、何とか少しは見られる写真をGetすることができました。
こうしてみると、ハデハデの雄の陰であまり目立たないシャイな雌も、なかなかの別嬪さんではありませんか。(ノ∀`*)
いちばん奥の雄は、夜遊びが過ぎたのか、とても眠そうですね。(´∀`)

オシドリ (カモ目カモ科)
just01.jpg just02.jpg just03.jpg控え目な雌ですが、もっと注目して欲しそうです...

秋色の松尾寺池
ikenoaki00.jpg ikenoaki01.jpg シグマ 50-500mm は本来、風景を撮るためのレンズではないのですが...

Nikon D300S
シグマ APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
絞り優先 手持ち撮影 和泉市 松尾寺の池にて
23:20 | 野鳥 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
大津川河口のウミネコ | top | 鳥のいる風景

コメント

#
オシドリで30mは近距離ですね!
大きな池なのでしょうか?
紅葉が池面(イケメン)に映るとオシドリも更にイケメンに撮れそうですね(笑)
by: sugitetu | 2011/11/08 01:20 | URL [編集] | page top↑
#
sugitetu さん、いつもコメントありがとうございます。
この池は、およそ周囲1kmほどなのですが、片側が深い森になっていて人が立ち入ることは不可能です。
またこの池は平面的にも出入りが多くて、複雑な形状をしています。
此処には同じような池が5か所ほどありますが、水鳥が入っているのは不思議なことにこの池だけです。
半年程この池に通っていますが、鳥撮りの人に出会ったのはこの日で2回目、この日に出会った方はsugitetuさんと同じ、BORG77ED+PENTAXの組合せでした... (´ー`)
同じ趣味を持っておられる方とは、心が通い合うようで、撮影そっちのけで色々と、お話を伺うことができました。
by: 陰陽師 | 2011/11/08 07:25 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。
美しい池ですね。
オシドリさんも美しいです。いつも思うのですがオシドリの雄はまるで作り物のようですね。あのハデハデには目くらましをくらったようです。外敵からオトナシイメスを守るために、オスは自分を派手派手にしているのでしょうか。

スワロフスキーの双眼鏡ですか~。
わたしはスワロフスキーのマフラーとブローチなどを持っていますが…。
by: ひつじ草 | 2011/11/08 17:38 | URL [編集] | page top↑
#
ひつじ草さん、おはようございます。
写真は美しい部分だけ切り取っただけで、実際にはコンクリートの護岸や水門があったりして、思われるほど風情がある池ではありません。┐(´д`)┌
一般に、鳥さんの雄は雌の気を引き、パートナーを獲得するために、派手なカラーで自身をアッピールしているのではないですか?
スワロフスキー・オプティックはヨーロッパ随一の光学機器製造メーカで、ここの双眼鏡は世界中のバードウォッチャーに愛用されています。(´ー`)
(クリスタルガラスや高級装飾品で有名なスワロフスキーの創業者の息子が興した事業部門です)
by: 陰陽師 | 2011/11/09 06:53 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/131-e235500c