大津川の水鳥達

今日は、槇尾川と牛滝川の合流点から河口までの、いわゆる大津川と呼ばれている部分を歩いてきました。
川の両岸には芝生が植えられ、遊歩道が設けられてていますが、あまりに人工的過ぎて風情に欠けます。┐(´д`)┌
大津川は流域およそ2.6kmの二級河川で、車を川上に停めて写真を撮りながら川の始点から河口までを、ゆっくり往復しましたが、所要時間は1時間半ほどです。
流域にはカモ類、河口付近にはカモメが多く、上空ではミサゴが2羽舞っているのが確認できました。
下の写真以外では、カルガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、オカヨシガモ、コサギ、セグロセキレイなどがたくさんおりました。
 
バン 幼鳥 (ツル目クイナ科)
ootugawa01.jpg ootugawa02.jpg バンは、ほんらい警戒心の強い鳥さんですが、この子は幼鳥のせいか、それほどでもありませんでした

コガモ(カモ目カモ科)
ootugawa03.jpg コガモの冬羽は、とても綺麗ですね

アオサギ(コウノトリ目サギ科) 
ootugawa05.jpg 目の真ん前をアオサギが通り過ぎてゆきました... このままA3サイズに引き伸ばせる程のドアップです (´ー`) 

カワウ(ペリカン目ウ科)
ootugawa06.jpg頭と脚の付け根部分が白いのは婚姻色です

イソシギ(チドリ目シギ科)
ootugawa04.jpg強い逆光で撮ると、波頭がキラキラ輝いてとても美しいのですが、露出が難しいですね... 

セグロカモメ(チドリ目カモメ科)
ootugawa07.jpg帰るころになると、空がかすかに茜色に染まってきました

Nikon D300S
シグマ APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
絞り優先 手持ち撮影 泉大津市 大津川流域にて
23:43 | 野鳥 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ヒマラヤザクラとメジロ | top | 満開のヒマラヤザクラ

コメント

#
おはようございます。♪
アオサギ、素晴らしいですね。こんな風に撮れたら夢中になりそう…。
お終いの一枚、あかね色がとてもいい雰囲気ですね。やさしい色で素敵です。
近くの池にカルガモがいます。撮ろうと寄っていくと向こうの方へ~、向こうまで行くとまたあちらへ~。ようやく撮っても大きくトリミングしなければ識別できないです。 200ミリではナカナカ撮れませんね。(^^;)
by: ひつじ草 | 2011/12/20 09:37 | URL [編集] | page top↑
#
ひつじ草さん、おはようございます。
アオサギを始めサギ類は飛ぶ速度がゆるやかなのと、被写体自体が大きいのでピントも来易く、写真にとるのは簡単ですよ。(´ー`)
茜色の空は、夕方近くの撮影では色温度の関係で、実際に人の眼で感じる色彩よりも紅くなります... この写真は別としても、このことを絵の表現上プラスになるよう利用したいですね。
カルガモさんは比較的、警戒心の薄い部類のカモですが、普段、人の姿をみることが少ない環境では、どうしても警戒されてしまいます。(*´∀`)
風景写真でも、200mmではちょっと届かなくて悔しい思いをすることがよくありますね...Canonの場合、焦点距離を1.4倍または2倍に伸ばすためのテレコンバーターが発売されています。
by: 陰陽師 | 2011/12/21 06:27 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/173-1c6b8d29