大阪南港野鳥園のキマユムシクイ

ここ2週間程、大阪南港野鳥園ではキマユムシクイが出没しているようですが、この鳥さんは体が小さくて(体長11~12cmでメジロよりも小さい)動きが速いために写真に収めるのは、なかなか容易ではないようです。
陰陽師はいつものように猛禽狙いで野鳥園に行ったのですが、駐車場に着くと野鳥園レンジャーの i 氏と、常連の k 氏が三脚を立てて、キマユムシクイの鳥影を追っているところでした。
陰陽師も便乗して、この鳥さんを追いかけたのですが、やはり噂に違わず、かなり手強い相手です。┐(´д`)┌
下の写真はAFポイント中央1点で撮っていますが、被写体が小さいため微妙にピンが前景や背景に引張られピン甘で枝被りばかりです。(つд`)
しかし動きが速いために、とてもMFで追えるような相手ではなく、また繁みの中からめったに表に出てきてくれません... ヽ(`д´;)/
キマユムシクイは日本では旅鳥として少数が渡来しますが、日本海の離島や南西諸島での記録が多く、なかなかに珍しい冬鳥のようです。
 o(`ω´*)o

キマユムシクイ 雌雄同色 (スズメ目ウグイス科)
kimayu01.jpg kimayu02.jpg kimayu03.jpg kimayu04.jpg 
帆船型観光船 サンタマリア号
santa.jpg 
「サンタマリア号」はコロンブスがアメリカ大陸発見した時の船の名前で、天保山のサンタマリア号は、その2倍の大きさで復元された観光船... デイクルーズは毎時発で約45分、週末や夏期は90分のナイトクルーズもあり、食事をしながらベイエリアの夜景を楽しめます


Nikon D300S
Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II + TC-17E II
絞り優先 三脚使用 大阪南港野鳥園にて
21:52 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
紅梅ほころぶ | top | タカ科の初列風切 fingers

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/211-aae9bf5c