大空へのサイン

今日は朝から激しい雨でしたが、昼から晴れるとの天気予報でしたので、一応出かける準備だけはしていたのですが一向に雨の止む気配がありません。┐(´д`)┌
ということで、距離も遠く、かなりピン甘写真ですが、直近のストックからの蔵出しです。
ミサゴさんが獲物を持って空を舞っています... 獲物はセイゴ(スズキの幼魚)で、どうやら安全な食事場所を探しているようです。
カメラのファインダーで姿を追っていると、何と、セミのように飛びながら粗相をしました。(ノ∀`*)
鳥さんの排泄は、オシッコとウンチが混ざったようなもので、柔らかいながら粘度があり、まるで大空の上で白い絵の具をチューブから絞り出したように見えます。
2枚目の写真は、画家が自分の絵にサインをしたようにトリミングしてみました... 正に、ミサゴさんによる大空へのサインです。(*´∀`)

ミサゴ (タカ目タカ科)
misa0a.jpg misa0b.jpg misa0c.jpg misa0d.jpg 


Nikon D300S
Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II + TC-17E II
絞り優先 三脚使用 大阪南港野鳥園にて
23:24 | 野鳥 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
飛び物 練習 | top | 松尾寺のウグイスとエナガ

コメント

#
こんばんは。
あの気品高いミサゴさんも鳥さんでした~。
記事を読む前に写真を見たので、
一枚目は足に紐が引っかかっている、と思い、二枚目で紐がとれてよかった~、と思ったのです。
ホントに画家のサインのようですね。笑。
しっかりと足に持っているのはセイゴですか。美食家ですね。
by: ひつじ草 | 2012/02/24 18:00 | URL [編集] | page top↑
#
ひつじ草さん、おはようございます。
鳥さんたちは、素早く飛ぶために、食べたものは短時間で消化吸収して排泄し、体重を軽くする必要があります。
俊敏さは、外敵から身を守ったり、餌を確保して命を繋いでゆくためにには、とても重要なことなのです。
そために、食べたらすぐに排泄し、また食べるという行動を繰返すことになります...
哺乳類のように、餌のあるときに、たらふく食べて食溜めというわけにはゆかないのですね。(´ー`)
by: 陰陽師 | 2012/02/25 07:42 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/230-a97fc124