蜂とハーブ

今日は台風4号の影響で大荒れのお天気... 当然のことながら、写真撮影はおあずけです。 (つд`)
写真は、先日の公園でのものですが、今回はマクロレンズでの撮影分となります。
この時期、花蜜を求めてラベンダーやタイムの花穂には蜂達が集まってきます... 明治時代以降、飼育の容易さや、蜜の採取量からセイヨウミツバチが導入されて養蜂に用いられ、国産蜂蜜の99%がセイヨウミツバチのもので、1%がニホンミツバチによるものとされ、ニホンミツバチの蜂蜜は、幻の蜂蜜と呼ばれて、大層高価で取引されているそうです。
なお、日本国内で流通している蜂蜜の90%以上が輸入に頼り、その内の約70%が中国産といわれています。┐(´д`)┌
しかし近年セイヨウミツバチは、耐病性の問題や、天敵のスズメバチからの攻撃に対応できずに激減し、農作物の受粉に影響を与えているようで、徐々に、ニホンミツバチが復権を果たしつつあるようです。ヽ(´∀`)ノ

レモンタイムと蜂 
0619time01.jpg0619time02.jpg 
セイヨウミツバチ ?
体の大きさや体色からセイヨウミツバチではないかと思うのですが、ニホンミツバチも普段は黒っぽい体色がこの時期には黄色っぽくなるそうで、正確な同定には後翅の翅脈の模様をみる必要があります

0619time03.jpg
ジガバチ

ラバンディン系  ラベンダー :  グロッソ0619time04.jpg0619time05.jpg0619time06.jpg  

Nikon D700
AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G ED
絞り優先 手持ち撮影
23:35 | 昆虫、その他の虫 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
台風一過 | top | 蝶とラベンダー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/345-10f8871a