コアジサシとチョウゲンボウ

ここは、とある埋立地にある、小砂利の敷かれた広大な空き地で、周囲には人が入れないようにフェンスが張り巡らされています。
この空き地で、たくさんのコアジサシが営巣しているのが確認でき、現在抱卵中のようです... 上空では、入れ代り立ち代り、餌渡しの小魚を運ぶ雄の姿を見ることができました。
チョウゲンボウは、どうやら営巣地の領空を侵犯したようで、上空にいたコアジサシが一斉に襲いかかり、あまりの剣幕に恐れをなしたチョウゲンボウは、一目散に逃げ出しましたが、4~5羽のコアジサシが執拗に追い回していました。ヽ( ゚д゚ )ノ
産卵期の親鳥は、外敵に対して捨て身で向かってきますので、たとえ猛禽類といえどもタジタジですね...
写真は、かなり距離が遠かったため、うまく解像していませんが証拠写真としてご覧ください。(´ー`)

                    コアジサシ (チドリ目カモメ科)  Little Tern
                    チョウゲンボウ (タカ目ハヤブサ科)  Common Kestrel
koajityougen01.jpg 
koajityougen02.jpgkoajityougen03.jpg写真ではコアジサシが1羽のように見えますが、実際には4~5羽で追っていました
koajityougen04.jpg空き地の近くの海はコアジサシの漁場です... 咥えているのは高級魚マトウダイの幼魚
koajityougen05.jpg ここでも雌への餌渡しが見られました
koajityougen06.jpg延々と続く黄色いフロートに、ビッシリとコアジサシがとまっています


Nikon D4
Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II + TC-17E II
絞り優先 三脚使用
23:21 | 野鳥 | comments (3) | trackbacks (1) | edit | page top↑
今日のオオルリさん | top | 迷鳥カラシラサギ、地元の干潟に...

コメント

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2012/06/24 22:31 | URL [編集] | page top↑
# 飛んでる姿しか知らないんで
コアジサシの背中って灰色だったんですね。
飛んでる姿しか見れない鳥なんで、白い鳥という印象が強いです。
by: Ashgarden | 2012/06/24 23:01 | URL [編集] | page top↑
#
Ash さん、おはようございます。
カラシラサギ、残念でした... ┐(´д`)┌
でも現状では、抜けたとは断言できない状況で、しばらく様子を見る必要がありそうです。
コアジサシは魚を狙ってのダイビングの際、ホバリングするので飛び物は比較的楽に撮れます。
どこにでも居る、ありふれた鳥ですが、ご自分で写真に撮られれば特徴がよく解ると思いますよ。(´ー`)
by: 陰陽師 | 2012/06/25 08:57 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/349-ed417e45
ここは、とある埋立地にある、小砂利の敷かれた広大な空き地で、周囲には人が入れないようにフェンスが張り巡らされています。 この空き地で、たくさんのコアジサシが営巣しているのが確認でき、現在抱卵中のようです... 上空では、入れ代り立ち代り、餌渡しの小魚を運ぶ?...
2012/06/25 (Mon) 10:54 | まとめwoネタ速neo