自宅周辺で...

今日は遠出する時間がとれなかったので、自宅周辺でツバメさんに遊んでもらっていました。 (´ー`)
この鳥は、鳥撮りを始めたころからの永遠のテーマで、カメラのファインダーで的確に捉えることの難易度はナンバーワンだと思います。
周回コースがほぼ解っている場合には、あらかじめ、その周辺にピンを合わせておいてAFのみで追えますが、動きがランダムな場合には手動で粗々のピンをとり、AFと併用しなければ撮ることができません。(`・ω・´)
何も見えていないファインダーの中で、ターゲットの動きを想定しながらピントリングを回して、大まかなピンを取るのは、とても大変です。
デジスコの達人の中にはツバメの飛翔シーンをジャスピンで捉える方もいらっしゃるようですが、陰陽師の未熟な腕ではMFのみでこの鳥を追うことは、とうてい不可能です。 ┐(´д`)┌ 
粗々でファインダー内でその姿を捉えても、以後AFが迷って合焦しない場合も多く、暗いレンズでこの被写体を追うのは、相当にストレスを感じます。
 
ツバメ (スズメ目ツバメ科) Bran Swallow
070200.jpg
070202.jpg070203.jpg
ベニシジミ
070204.jpg

ヤマモモ
070205.jpg自宅庭のヤマモモが、そろそろ収穫時期です


Nikon D300S
シグマ APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
絞り優先 三脚使用
23:45 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
フクロウ巣立ち雛 | top | 霧雨のお山

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/358-8f6ee2ad
今日は遠出する時間がとれなかったので、自宅周辺でツバメさんに遊んでもらっていました。 (´ー`) この鳥は、鳥撮りを始めたころからの永遠のテーマで、カメラのファインダーで的確...
2012/07/04 (Wed) 07:54 | まとめwoネタ速neo