不良品

連続した猛暑で、日中、野外に出かける元気も削がれてしまう今日この頃です。
先日ネットで注文しておいた照準器が届いたので、早速、愛機 NikonD700 に装着してみました。
結構、厳つくてカッコイイ!と思っていたのですが...

野外で野鳥や蝶などを追いかけている場合に、肉眼では視認できているのに、超望遠域ではカメラのファインダー内の視野が極端に狭くなるため、なかなかターゲットを捉えられずストレスを感じることがよくあります。
そこで陰陽師が思ったのは、肉眼でターゲットを追いながら、照準器のフレームの内に収められれば、ファインダーを覗かなくても、Nikon D700 のダイナミックAF 51点3Dトラッキング機能を使ってピントを合わせることができるのではないかということです... (´ー`)
とりあえず、カメラを3脚に取り付け、遠方の目的物がファインダーの中央マーク位置と、照準器の中央に現れるドットとで一致するように調整セットしました... あとはフィールドで実際に試してみるのみです。
カメラを3脚からはずして、色々と試している段階でカメラのファインダー中央と、照準器のドットの間に光軸のズレが生じていることに気が付きました。o(`ω´*)o
調べた結果、カメラのホットシューに取り付けている照準器が座金部分を中心に動く(回転する)ことが解りました。
ここが動いたのでは、カメラと照準器の光軸を合わせても全く無意味です。
販売店にTELすると、「不良品ですので、交換しますから着払いで返品してください」の一言。ヽ(`д´;)/
結局、今日は照準器の野外での検証は、出来ず仕舞いです。┐(´д`)┌

syoujyun02.jpg
syoujyun01.jpg
KYOEI マルチドット照準器 Type-S


不良品がもう一つあります...  カメラと同時期に購入した台湾製のコンパクトフラッシュ(PhotFast)です。ヽ(`д´;)/
購入から1年半程しか経っていませんが、撮った写真が表示されなかったり、ついさっきまで表示されていたものが突然表示不能になったりと、ディスクの不良セクタが増殖しているようで、フォーマットしてもダメです。(つд`)
こういう製品の保証は最近、無期限保障の流れにあるようですが、この商品の保証期間は1年でした...
台湾製品は、中国製と違って優秀だと思っていただけに、大変ショックです。
小さな企業ですが、Hagiwara (Made in Japan) のコンパクトフラッシュは10年以上使用していても、何のトラブルも発生していません。
コンパクトフラッシュで1番メジャーなのはSandisk(米国)、2番目はTranscend(台湾)、現在の日本ブランドは恐らくほとんどが海外のOEMでしょうから、何を選んで良いのかよくわかりません... 結局はSandisk の三重県四日市モデルに落ち着くのでしょうが。┐(´д`)┌

conpactflash.jpg
22:40 | 機材その他 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
カイツブリの巣を発見! | top | 加太の海 03

コメント

#
照準器、私も同タイプです。不良品は残念でしたね。
ペンタ機だけで鳥撮りやってるときは動体AFに絶望したものですが、D7000を使ってみて感じたのは、結局ニコンでも鳥撮りに動体AFはあまり役に立たないってことでした(^^;)
でも照準器は重宝しますよ!
by: sugitetu | 2011/08/13 01:04 | URL [編集] | page top↑
#
SUGITETUさん、いつもコメントありがとうございます。
陰陽師は宝くじは当たりませんが、不良品はよく当たります。(´∀`)
シグマ50-500 もリコール対象でしたよ。(`^´)
動体AFって、結構急速に進歩している分野なので、今後に期待したいと思います。
SUGITETUさんも照準器、お使いでしたか...

by: 陰陽師 | 2011/08/13 01:53 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/42-57284ba6