南港野鳥園の ハジロコチドリ

今日も「岸和田だんじり祭り」による交通規制が予測されるため、南行を避け午後から自宅の北西方向にある大阪南港野鳥園に行ってきました。
野鳥園では、ハジロコチドリが2羽入っていて、展望塔のすぐ下の干潟で餌を捕っていました... ハジロコチドリは日本に飛来する個体数が少なく、結構珍しいチドリといえます。ヽ(´∀`)ノ
コチドリとよく似ていますが、コチドリより体長が3~4cm大きく、がっしりした印象があって、以下のような特徴があります。

    1.  嘴が太く、夏羽では嘴の基部がオレンジ色となる
    2.  コチドリのように黄色のアイリングが目立たない
    3.  胸の黒帯が太い
    4.  白色の眉斑がある
    5.  オレンジ色の足 (冬羽では、やや色が淡くなる)
    6.  翼を広げた時、上面の風切に白帯がある

冬羽では、特にコチドリと紛らわしいのですが、決定的な違いは下の写真の2~3枚目で確認できる翼にある白帯で、コチドリにはこの白帯がありません。(`・ω・´)
写真の個体には額に黒色部がないことから、ハジロコチドリの幼鳥と思われます。

ハジロコチドリ (チドリ目チドリ科)  Common Ringed Plover
hajirokoti01.jpghajirokoti02.jpghajirokoti03.jpghajirokoti04.jpghajirokoti05.jpg
トウネン (チドリ目シギ科) Red_necked Stinthajirokoti06.jpg水面の風紋が何とも美しかったのでUPしてみました...

Nikon D4
Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II + TC-17E II
絞り優先 三脚使用
23:43 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
大空を舞うクマタカ | top | トウネン お約束の...

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/430-46f3307a