葦原をかすめるハイタカ

さすがに毎日はBlogネタが続かないので、今日は3連荘で行った大阪南港野鳥園での写真からの蔵出しです。(*´∀`)
同じタカ類でも、色々と飛翔パターンがあって、ハイタカはチュウヒのように葦原の上を旋回して狩をするといったパターンは少ないようです。
葦原をかすめるハイタカは瞬間のタイミングを捉えることが難しく、被写体としては、なかなか厄介な存在でストレスが溜まります。(´ー`)
特に下の写真のようなケースでは、被写体の前に葦の葉が被ることが多く、AFポイントが被った葦に引っ張られてピンが来ず、没写真の山ができてしまいます。┐(´д`)┌
でも空抜けの写真と比べると、こういった背景のあるものが一層味わいがあって難易度が高くともやはり追求したい対象ではあります。(`・ω・´)

ハイタカ (タカ目タカ科)  Eurasian Sparrowhawk 
sparrowhawk01.jpgsparrowhawk02.jpg
モズ 雄 (スズメ目モズ科) Bull_headed Shrike sparrowhawk03.jpgsparrowhawk04.jpg
ジョウビタキ 雌 (スズメ目ツグミ科) Daurian Redstart
sparrowhawk05.jpgsparrowhawk06.jpg
図鑑写真 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

Nikon D4
Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II + TC-17E II
絞り優先 三脚使用

23:28 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
タカの出不調 | top | 脚を痛めたノスリ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/541-37a00195