地元の森で探鳥

今日は朝の内は晴れていましたが、お昼頃から雲が出て時折、霙の混じる不安定なお天気でした。
お天気の回復を待って、午後3時過ぎからの撮影でしたが、今日はイカルを、たまたま比較的近い距離から写すことができました。ヽ(´∀`*)ノ
通常イカルは数十羽の群れで行動していて、群全体が見張役となり1羽が危険を感じて飛ぶと、それに反応して群が一斉に飛び立ちます。(´д`;)
そのためなかなか近寄れず、おまけに高い樹にとまることが多いので、見掛ける頻度は高くても、普段はとても撮影が難しい鳥です。(`・ω・´)
でも、その風貌や容姿からはとうてい想像できないような、とても美しい声で素晴らしい囀りを聴かせてくれます。(´ー`)

イカル (スズメ目アトリ科) Japanese Grosbeak
ikaru01.jpgikaru02.jpgikaru03.jpgikaru04.jpg
クロジ 雄 (スズメ目ホオジロ科) Grey Bunting
ikaru05.jpg シイの実を咥えていますが...
ikaru06.jpg 嘴でゴリゴリやっていたかと思えば、何とシイの実が割れていますね! ( ゚Д゚)

ルリビタキ 雄 (スズメ目ツグミ科) Red_flanked Bluetail
ikaru07.jpgikaru08.jpg 苔の緑との対比が美しかったので... (´ー`)

オオタカ (タカ目タカ科) Northern Goshawk 
ikaru09.jpg こんな猛禽が森の上空を徘徊しているので当然、小鳥達は警戒心が強くなりますね  (´・ω・`)

Nikon D4
Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
絞り優先 三脚使用
23:47 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
足環が付いたチュウヒ | top | 近隣の小鳥達

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/583-d2f5002e