先人の知恵

暑さ寒さも彼岸までといいますが、明日は秋分の日、先人の知恵には、なかなか素晴らしいものがあると感じ入っております。
台風明けの今日は少し冷え込み、この夏以来24時間つけっ放しだったリビングのエアコンを初めて切りました。
というのは、玄関にいる愛犬が暑がりなので、リビングのドアを常に開け放って冷気を送る必要があることと、リビングの熱帯魚の90cm水槽の水温が30℃を超えるとまずいからです。┐(´д`)┌

今日は午後から少しの時間、大阪南港野鳥園に寄りましたが、午前中にハヤブサが出現したということで、小さな水鳥は恐れをなしてほとんど寄付きません。
訪れた時間帯が満潮に近く、干潟が大半水没してしまっていたのも、水鳥の少ない原因だったのかも知れません。

カルガモ(カモ目カモ科)
karu001.jpg
karu002.jpg
カルガモを見て、よくこのポッテリした体で飛べるものだと、いつも思うのですが、やはり空中に浮かぶまではドタドタと、かなり鈍くさいです。(*´∀`)
でも、こうして見ると飛んでいる姿もまんざら捨てたもではありません... 鈍くさいだけに愛嬌がありますし、カモ類独特の翼鏡(飾り羽根)のブルーもとても綺麗です。

イソシギ(チドリ目シギ科)
isosigi001.jpg
帰り際にイソシギが姿を見せました... シギ、チドリの類は群れて行動することが多いようですが、イソシギやクサシギは単独で居るのをよく見掛けます。

コサメビタキ(スズメ目ヒタキ科)
kosame00.jpg
ちょっと寸詰りのコサメビタキも出迎えてくれました... この鳥は体の割に目がたいそう大きいのですが、この目が空中を飛ぶ虫を見つけ捕獲するための武器となるとのことです。

Nikon D700
シグマ APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
絞り優先 手持ち撮影 大阪南港野鳥園にて


23:20 | 野鳥 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
沈む夕陽 | top | 綾なす羽模様

コメント

#
こんにちは♪
Ⅰ枚目の飛び姿、なかなか凛々しいではありませんか。2番目の飛び立つ姿はやはりチョットドンクサイ? わたしみたいです。笑。
by: ひつじ草 | 2011/09/23 16:10 | URL [編集] | page top↑
#
ひつじ草さん、コメントありがとうございます。
カルガモ君は、顔→間抜け顔、体型→メタポ、動作→緩慢、でも何故かとっても可愛く愛嬌満点です。
主に海藻や水草を餌としていますが、その餌の食べ方がまた傑作で、上半身は水の中で逆立ちのようなポーズ、お尻を水上に突き出して足をバタバタさせながら餌を採っています... 思わず笑ってしまいますよ。
by: 陰陽師 | 2011/09/23 21:18 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/84-c2d40237