Photoshop 指先ツールによるレタッチ

所用で外出できなかったので、今日は例によってレタッチ(画像処理)ネタです... (*´∀`)
風景写真では、一定の出力媒体の大きさを想定して、カメラのファインダーの中で構図を考え、最終的にトリミングが不要なところまで煮詰めて絵造りをします。(`・ω・´)
しかし野鳥写真、とりわけ飛んでいる鳥の場合には、カメラのファインダーのセンターでターゲットをジャスピンで捉えることから始まり、絵造りは出力媒体の大きさにより、構図を考えて後からトリミングを行うことになります。(´ー`)
トリミングを行った場合には、時として構図的にバランスの関係で、消去したい部分ができることもままあります。
今回は、1枚の元画像から切り出した絵の不要部分のPhotoshop Elements の指先ツールによる消去例を紹介します。
Photoshop Elements のマニュアルによれば、指先ツールは以下のように説明されています。

指先ツールは、塗りたてのペンキを指でこすったような効果をシミュレートします。
このツールでは、ストロークが開始された場所からカラーを取り出して、ドラッグする方向に押し出します。

Photoshop Elements の画面
retouch07.jpg 
[ 元画像 ]
retatch00.jpg
[  トリミング画像 1  ]
retouch01.jpg  [  トリミング画像 1  ] の不要部分を消去
retatch02.jpg
[  トリミング画像 2  ]
retouch03.jpg  [  トリミング画像 2  ] の不要部分を消去
retatch04.jpg
[  トリミング画像 3  ]  
retouch05.jpg[  トリミング画像 3  ] の不要部分を消去 
retatch06.jpg

Nikon D4
Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR
絞り優先 三脚使用
00:12 | 画像処理 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
オオアカゲラの営巣2 | top | 水浴びと翼伸ばし

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://onmyouji0414.blog98.fc2.com/tb.php/958-60ca04e6