夏のクマタカ

梅雨前線の停滞やら、台風の発生で、遠征の計画が立てられないでいる陰陽師ですが、一瞬の晴れ間を狙って、夏のクマタカを撮りに行ってきました。(`・ω・´)
2日間粘りましたがチャンスはたった1回、一瞬のみでした... クマタカやイヌワシなどの希少猛禽ではよくあるパターンですね。(*´∀`)
このポイントは午前中の柔らかい光で撮りたいところですが、正午を過ぎると、写真のようにメラメラ・ギラギラの半逆光となります。┐(´~`;)┌

クマタカ (タカ目タカ科) Mountain Hawk Eagle
Natukuma01.jpg
Natukuma02.jpg
Natukuma03.jpg
Natukuma04.jpg
Natukuma05.jpg
Natukuma06.jpg
Natukuma07.jpg
Natukuma08.jpg
Natukuma09.jpg
Natukuma10.jpg
Natukuma11.jpg
Natukuma12.jpg
Natukuma13.jpg

ハチクマ 淡色型 雄成鳥 (タカ目タカ科) Honey Buzzard
Natukuma14.jpg クマタカのテリトリーに侵入したハチクマですが、速攻で追い出されました  (*´∀`)
Natukuma15.jpg

Nikon D850
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED
マニュアル(Mモード) 三脚使用

17:57 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

たまには空抜けも

イヌワシ撮影で、空抜けはあまり歓迎されないことが多いですが、出現率が低い時、ドアップの空抜けは迫力満点で大歓迎です。 ヽ(*´∀`)ノ
少ない出逢いの中、足下の遠い谷底を通過するだけという場合も多いので、空抜けでも近距離を飛んでくれれば、やはり興奮しますね! (^~^)

イヌワシ (タカ目タカ科)  Golden Eagle
SoranukeInu04.jpg
真逆光なので現像で暗部を目一杯、持ち上げましたが、これが限界です
SoranukeInu05.jpg
soranukeINU01.jpg
SoranukeInu02.jpg
SoranukeInu03.jpg
SoranukeInu06.jpg
SoranukeInu07.jpg
北尾根の岩場付近
SoranukeInu08.jpg
北尾根の西稜線付近
SoranukeInu09.jpg

Nikon D850
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED
マニュアル(Mモード) 三脚使用
11:53 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

合間のカッコウ

イヌワシ待ちの合間に、距離は遠かったですが、足下の谷あいを鳴きながら飛ぶカッコウを追ってみました。(´ー`)
いつも高い木の天辺にとまるカッコウの背打ちを狙えるのは、この山ならではのポイントの魅力ですね。(*´∀`)

[ 撮影データ ]   2018年6月25日 AM 8:33 ~ 8:36
焦点距離 1,000mm  f 8.0  iso Auto (640~2,000)  WB Auto  ss 1/1,000  中央部重点測光  露出補正 -0.3  AF-Cモード AFポイント Group  Raw 現像

カッコウ (カッコウ目カッコウ科) Common Cuckoo
Cuckoo0b.jpg
Cuckoo0a.jpg
Cuckoo0c.jpg
Cuckoo0d.jpg
鳴きながら飛んでいます
Cuckoo0e.jpg
Cuckoo0f.jpg
Cuckoo0g.jpg
Cuckoo0h.jpg

Nikon D850
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED
マニュアル(Mモード) 三脚使用
08:00 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夕暮れのイヌワシ

日没前、夕暮れのイヌワシです...
やはりイヌワシは夕方の出現率が高く、カメラは高感度耐性の高いNikon D5に付け替えています。(`・ω・´)

[ 撮影データ ]   2018年6月24日 17:58 ~ 17:59
焦点距離 1,000mm  f 7.1  iso Auto (1,100~2,200)   WB Auto    ss 1/1,000  中央部重点測光  露出補正 -0.3  AF-Cモード  AFポイント Group   Raw 現像

イヌワシ (タカ目タカ科)  Golden Eagle
ni00.jpg
縦方向ノートリ ↑
ni01.jpg
上の写真の70%トリミング ↑
ni02.jpg
縦方向ノートリ ↑
ni03.jpg
上の写真の70%トリミング ↑
ni04.jpg
縦方向ノートリ ↑
ni05.jpg
上の写真の70%トリミング ↑
ni06.jpg
縦方向ノートリ ↑
ni07.jpg
上の写真の70%トリミング ↑
ni08.jpg
縦方向ノートリ ↑
ni09.jpg
上の写真の70%トリミング ↑
ni10.jpg
70%トリミング ↑

[ 撮影データ ]   2018年6月24日 19:03
焦点距離 1,000mm  f 7.1  iso Auto (360)   WB Auto    ss 1/1,000  中央部重点測光  露出補正 0.0  AF-Cモード  AFポイント Group Raw 現像
ni11.jpg
サギを襲うイヌワシ雌、雄は下方で待機
ni12.jpg

ニホンジカ (シカ科シカ属)  Deer
ni13.jpg
「母鹿と小鹿」小鹿はイヌワシの絶好の獲物ですが... (*´∀`)

Nikon D5
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED
マニュアル(Mモード) 三脚使用
22:01 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

イヌワシと カケス・モズ

小高い丘にとまっていたイヌワシですが、距離はおよそ180m、日没前の光が微妙な時間帯で、明らかに光量不足です。
この付近で営巣子育て中と思われるカケスとモズが、イヌワシに対し執拗にモビングを繰り返していました... ss = 1/320
暫くして、イヌワシに飛び出しの兆候が見られたので、絞りを開放とし、ssを1段上げたのですが1/400では、なかなか動きが止まりません ( iso 5,000 )。

[ 撮影データ ]   2018年6月14日 18:01 ~ 18:38
焦点距離 1,000mm  f 8.0~ 7.1  iso Auto (1,600~5,000)   WB Auto    ss 1/320~400  中央部重点測光  露出補正 -0.3~-0.7  AF-Cモード  AFポイント中央1点   Raw 現像

イヌワシ 雄 (タカ目タカ科)  Golden Eagle
Mob01_2018061901474072f.jpg
Mob02_2018061901474083b.jpg
Mob03_201806190147431db.jpg
Mob04_20180619014744309.jpg
Mob05_2018061901474560a.jpg
Mob06_20180619014747824.jpg
Mob07_20180619014748e1d.jpg
Mob08.jpg
Mob09.jpg
Mob10.jpg
Mob11.jpg
Mob12.jpg
Mob13.jpg
Mob14.jpg
Mob15.jpg
Mob16.jpg
Mob17.jpg
Mob18.jpg
Mob19.jpg
Mob20.jpg
Mob21.jpg
Mob22.jpg 
Nikon D5
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED
マニュアル(Mモード) 三脚使用

02:26 | 野鳥 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑